小金井市 歯科 床矯正 審美歯科 エステティック・デンチャー インプラント【吉田歯科】

歯を抜かない矯正

  • HOME »
  • 歯を抜かない矯正

tltle_02

当医院では「歯を抜かない矯正」を行なっています。
※問題のある親知らずは抜きます。

(1)子供の矯正(4才〜10歳対象年齢) 食事以外は常に装着します。

(2)成人の矯正(10歳〜成人対象年齢) 主に寝ている時に装着します。


line_02

(1)子供の矯正(4才〜10歳対象年齢) 食事以外は常に装着します。

■床矯正

これから顎発育の期待できる成長期にあるお子様(対象4歳〜)には、
極力抜歯はせず、上下顎各々14本の歯が本来並ぶはずの正しい大きさまで
取り外し可能な矯正装置によって顎を拡大させていきます。
またその歯並びになってしまった口腔の悪習癖や食習癖を改善させていくことを考えていきます。

「家の子、歯並びがちょっとおかしいんじゃないかしら?」
と、思っているのに「もう少し、様子をみようかな。」と先送りにしていませんか。

よくなる可能性がある故、様子をみるのなら良いのですが、
悪くなる一方である状態を様子をみるという言葉で先延ばしにすれば、
さらにひどくなることは間違いないのです。

※床矯正対象年齢 : 顔面骨の発育期

4歳からの開始年齢が好ましいです。
何故なら早ければ早いほど顎の発育もスムーズで、歯並びもより良く改善されるからです。
その意味では10歳がボーダーラインです。

歯並びだけの問題ではなく、顔の発育(骨格・筋肉・脳の発育、 咬合、鼻腔の広さ、表情筋の動き等)に
大きく影響してしまいます。また、脊髄の歪みにも影響を与えます。
しいては思春期には、コンプレックスをも生み出してしまいます。
まさしくお子さんの一生の顔を作ってしまう理由です。


line_02

(2)成人の矯正(10歳〜成人対象年齢) 主に寝ている時に装着します。

■成人矯正とは

【対象年齢】
小学校高学年〜成人(何歳でも可能です)
成人の歯列不正は、正常歯列であっても中高年期から発症する傾向があります。
本装置は歯列弓の拡大をしながら歯牙の排列を誘導していきます。
即ち非抜歯治療です。(歯を抜かない矯正)

【特長】
可撤式(取り外しできる)矯正装置での治療です。
寝ている間、あるいは自宅で、、、矯正装置の装着を誰にも知られず、改善することができます。

【装着時間】
1日8時間(就寝時間の装着も含む)

【非装着時 この時間が重要です!!】
当院の成人矯正は自然治癒力を重視しています。
装置をはずしたときは、よく噛んで食べることを心掛けて下さい。
これが口腔周囲の筋肉の強化になります。
はずした時点で後戻りしながら、無理の無い咬合状態を患者さん自身が作っていくことになります。

■歯列不正の問題点

顎骨の劣成長による狭窄歯列弓はいろいろな体の不定愁訴を引き起こします。
(顎関節症、アレルギー性鼻炎、鼻づまり、頭痛、肩こり、腰痛など)
また近年では顎を拡大することが脳卒中や心臓病などの合併症を未然に防ぐことも証明されています。

歯列不正は、歯周組織を悪化させ、重篤な歯周病をひきおこします。
この歯周病と、糖尿病・その他全身疾患(様々な合併症、腎症、網膜症、心筋梗塞など)との関連が明確になってきています。

line_02

PAGETOP
Copyright © Yoshida dental office All Rights Reserved.